《ゲストの本音が気になる》男性にも女性にも喜ばれる引き出物の条件とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



晴れて入籍が決まり新しい門出を迎える2人にとって、結婚式は人生の一大イベント。
男女問わずゲストの方々には喜んでもらえる引き出物を用意したいですよね。

とはいえ、いざ引き出物を選ぶとなると「どんな引き出物が喜ばれるんだろう?」と
悩んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は結婚式に出席した男女のゲストの声から
「もらって嬉しかった!」「もらって残念だった…」という引き出物の条件をご紹介しましょう。

お急ぎの方 > 時期や年代問わず、相手が選んで相手が喜ぶギフトはこちら


目次

外れなしのプレゼント!商品一覧はこちら



1.もらって嬉しい引き出物の条件5つ




もらって嬉しかった引き出物とはどんなものなのでしょうか?

ギフト専門ポータルサイトの「ギフトコンシェルジュ」が2016年に行ったインターネット調査から導き出した
「もらって嬉しいと感じる引き出物の条件」がこちらです。

【条件1】暮らしの中で便利に使えるもの


第一に挙がったのが「便利で実用的なもの」です。
タオル、シャンプーセットなどの消耗品や、お鍋、カトラリーなどの生活用品が定番でしょう。

最近では、真空タンブラーや高気密のレンジパックなどのより実用価値の高い商品が人気を集めています。
「こんなグッズが欲しかった!」という便利な商品をもらったら毎日の暮らしが楽しくなりますよね。


【条件2】美味しいもの


「美味しいもの」をもらって喜ばない人はいませんよね。
引き出物も例外ではありません。食べればなくなる「消えもの」ですので、
保管に場所を取られる心配がないのも相手にとっては嬉しいポイントの一つです。

縁起物であるバームクーヘンに、クッキーやマドレーヌなどの焼き菓子が定番ですが、
最近ではデニッシュやマカロン、ラスクなど流行のお菓子を選ぶカップルが増えています。
若いゲストが中心であれば、最新の人気スイーツは絶大な支持を得られますよ。

またお菓子以外にも、有名シェフが監修したレトルト食品や高級なジャムやハチミツなど、
日持ちのするものであればゲストに喜ばれます。普段口にすることがない高級品をもらうとテンションが上がりますよね。


【条件3】自分では買わないもの


調査によると「もらうのであれば自分では買わないものだと嬉しい」といった声があがっています。

例えば、アロマやお香といった贈り物は普段買わない人も多い品物です。
こういった品物は「興味はあったけれど買う機会がなかった」という人には、うってつけの贈り物ですし、
「全く興味がない」という人に対しても生活に新鮮味を与えてくれることでしょう。

これまでアロマなんて全く使ったことがなかった人が、
贈り物をきっかけに興味を持ってもらえたら贈り手冥利に尽きますよね。


【条件4】家族が喜ぶもの


「家族みんなで喜べるものをもらうと嬉しい」というファミリー層からの声も目立ちました。
ソーセージとハムの詰め合わせや焼き菓子のセットなどは、いつの世でも家族に喜ばれる贈り物です。 気取ったものよりは親しみやすい定番品を選ぶと良いでしょう。


【条件5】プレミアム感があるもの


肌触りの滑らかな高級タオル、美容成分の配合された高級石鹸など、
普段の生活では高くて買わないものをもらうと、使うのが楽しみになりますよね。
「日常生活のささやかな楽しみを贈る」というのも「技あり」の引き出物です。


2.もらって残念な引き出物の条件5つ




では、もらって残念な引き出物とは何でしょうか?
こちらも同じく「ギフトコンシェルジュ」による調査の結果と照らし合わせて見てみましょう。


【条件1】趣味に合わないもの


自分がどんなに素敵だと思える引き出物でも、相手の趣味に合わないものだと喜んでくれません。
自分がアニメ好きで引き出物にアニメグッズを贈っても、ゲストがアニメ好きでないならがっかりされてしまいます。
自分の好みで引き出物を選ぶのではなく、相手の好みを考えて贈りましょう。


【条件2】持ち運びや置き場所に困るもの


食器や鍋などは重くて持ち運びが大変ですよね。
したがって出席したゲストは自宅へ持ち帰るだけでも大変な労力を使います。
また、持ち帰ったはいいものの自宅の収納スペースに余裕が無い場合は置き場所に困ってしまい、
迷惑な贈り物となってしまいます。


【条件3】名入れギフト


新郎新婦の名前が入った雑貨や生活用品が引き出物として贈られるケースがありますが、
「恥ずかしくて使えない」「これって自己満足なんじゃない?」という辛辣な意見もあります。
「使わないし、自宅に置いても邪魔になる」にもかかわらず、
「新郎新婦の気持ちを考えると処分しにくい…」という事情から、ゲストを大いに困らせているようです。


【条件4】嗜好に合わない食べ物


チーズが苦手な人にチーズケーキを贈っても喜んではくれませんよね。
さらに賞味期限が短いものだと、人にあげる余裕もなくますます困ってしまいます。
ゲストを困らせないように、なるべく万人受けするような商品で日持ちのするものを選びましょう。


【条件5】タオルなどの定番品


結婚式に出席する機会が多いと、
引き出物の中身がタオルやバームクーヘンなどの定番品ばかり貰うことになり、
「またタオルだった…」と残念な気持ちになることがあります。
引き出物に期待できないとなると、楽しみが減ってしまいますよね。

外れなしのプレゼント!商品一覧はこちら


3.オススメの引き出物(1位~5位)




ではこの調査をもとに、おススメの引き出物をご紹介しましょう。


1位 カタログギフト

もらったゲストが好きな商品を選べるカタログギフトが不動の1位です。
しかし「安っぽい商品しか掲載されてないカタログギフトで残念だった」という声もしばしば。
カタログギフトも多種多様ですので、インターネットで調べながらどれを選ぶか慎重に選びましょう。


2位 スイーツ

嬉しい条件の中に「美味しいもの」とあったように、スイーツも安定した人気があります。
しかし、相手の趣味嗜好は千差万別ですので「スイーツを贈れば全てのゲストは喜んでくれる」と考えるのは禁物です。


3位 食器類

食器類はおしゃれなものやブランド品だと喜ばれます。
ただし、あまり重いものや大きいものは持ち運びや置き場所を考慮しても控えた方が良いでしょう。


4位 商品券・ギフトカード

商品券・ギフトカードは1位のカタログギフトと同じく、もらった相手が好きな商品を選べる事が魅力ですよね。
そのため「趣味嗜好に合わなくてガッカリさせてしまう」といった心配もありません。
ただし、値段がすぐ分かってしまうので、価格があまりに安いとがっかりされてしまうことも考えられるので注意しましょう。


5位 グルメ

かつての引き出物は結婚式で出した料理の残りをお土産に持ち帰ってもらい、
帰宅した後も出席しなかった家族とともに楽しんでもらうという意味合いが強いものでした。

しかし現在では食中毒を起こす事態を避けるため、そのような風潮は見られなくなり、
高級グルメアイテムを揃えたカタログギフトが人気となっています。賞味期限が短いものでも、
カタログギフトなら好きなタイミングで注文できて便利ですよね。

今のトレンド > 最適な贈り物ランキングはこちら



まとめ


いかがでしたか?今回はゲストが喜ぶおすすめの引き出物をご紹介しました。
ゲストの好みやライフスタイルは千差万別ですのでゲスト全員が喜んでくれる引き出物を選ぶのは難しいですよね。
しかし好きな商品をゲスト本人が選ぶカタログギフトならそのような悩みも解決できます。

引き出物にはカタログギフトを選んでみてはいかがでしょうか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事