こんな時どうしよう!?男性も女性も意外と知らないご両親への内祝いの贈り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みなさんは結婚や出産などでご両親からお祝いをもらった経験はありませんか? 身近な存在であるからこそ、何をお返しすればいいのか、 そもそも内祝いを贈るべきなのか悩んでしまいますよね。 今回はそんなお悩みを解消すべく、ご両親への内祝いにフォーカスして正しい知識をご紹介します。

目次

おすすめ > 年代問わず喜ばれるプレゼントはこちらから(贈る手間なし編)


1.お祝い別に見るご両親への内祝い

 

出産内祝い

相場 もらった金額の1/3~半額
喜ばれる贈り物 食品、商品券、旅行券、 お酒、カタログギフトなど
出産祝いに関しては返すも返さないも人それぞれでケースバイケースです。 しかし「親しい仲にも礼儀あり」という言葉もあるように、しっかり内祝いを贈ることでより誠意が伝わります。
相場
内祝いはもらった金額の半額を返す「半返し」が一般的ではありますが、 あまりにも高額な商品をもらった場合は無理せず1/3程度の金額のものを選びましょう。 ただし、現金や商品券をもらった場合は、 「孫のために使ってほしい」という意味が込められていることがあります。 内祝いを贈るとご両親の厚意を無視してしまいかねないため、状況によっては素直に甘えた方が良いでしょう。 その代わり、孫に会える機会を増やしたり、 元気に成長する様子を写真で送るなどで感謝の気持ちを表しましょう。
喜ばれる贈り物
ご両親の好きな食べ物や商品券や旅行券などは安定して喜ばれる傾向があります。 ご両親がお酒好きであればお酒類も良いでしょう。 また、カタログギフトならお酒、食品のほか、 高級旅館に宿泊する温泉旅行などの体験型商品も多く掲載されています。 結婚と出産を経験し、小さい子供を抱える親となった今、 「夫婦2人だけの時間」がいかに貴重だったか気づかされる方も多いのではないでしょうか? この機会に体験型カタログギフトを贈って、 ご両親に「夫婦水入らずのひととき」を楽しんでもらうのも素敵ですね。

結婚内祝い

相場 もらった金額の1/3~半額
喜ばれる贈り物 時計、フォトフレーム、カタログギフト
そもそも本来の内祝いには「幸せのおすそわけ」という意味があります。 現在では結婚という新たな門出の場でお祝いをもらった場合には、 お礼と感謝の気持ちを込めて内祝いを贈ることが主流です。
相場
  結婚祝いでもやはりもらった金額の半額が主流です。 しかし、あまりにも高額な現金などをいただいた場合や 結婚資金を援助してもらった場合、半返しが難しいこともしばしば。 そんなときは無理のない範囲の金額で、記念になるようなものを選んで贈りましょう。
喜ばれる贈り物
  「これからも同じ時を刻んでいきたい」という思いから、時計やフォトフレームがよく選ばれます。 人生の節目に家族全員で写真を撮り、フォトフレームと一緒に贈るのも思い出になって良いですよね。 記念に名前や日付を入れるのも喜ばれます。 しかし、「名前入りだと恥ずかしくて使いにくい」という方もいますので、 ご両親がどういうタイプなのか考えてから決めましょう。 高価格帯のカタログギフトであれば、高級ブランドの置時計、腕時計も多数掲載されています。 ご両親のお好みのブランドに合わせたカタログギフトを贈るのも良いでしょう。

トレンド > センス重視のプレゼントはこちら(お急ぎの方にも好評です)
 

新築・引っ越し内祝い

相場 もらった金額の1/3~半額
喜ばれる贈り物 お菓子、コーヒー、食器、 やかん、お鍋、カタログギフト
  本来はご両親を招待して新居をお披露目し、おもてなしをすることが内祝いになりますが、 ご両親が遠方に住んでいたり、予定が合わない場合は郵送で内祝いを贈るケースもあります。
相場
  贈り物の平均的な相場としては、新築・引っ越し祝いのお返しの場合、10,000円から30,000円となります。 内祝いの相場としては他のシーンと同様、もらった金額の1/3~半額ですが、 いただいたお祝いが100,000円以上と高額の場合は無理をせず、10,000円~30,000円程度を目安としましょう。  
喜ばれる贈り物
  気軽に贈るのであればコーヒーやお菓子などの食品が喜ばれます。なるべく賞味期限が長いものを選びましょう。 ご両親を新居に招待したとき、若しくは実家に帰省したときにお土産代わりに内祝いを贈るのも良いでしょう。 故郷では手に入らない珍しいお菓子などを贈れば、家族団らんの話題にもなりますよ。 また、「建物(入れるもの)が完成した」ことにちなんで、 グラスやお皿などの食器類も縁起物として選ばれています。 この他にも「家を焼かない(火に強い)」という意味を込めてやかんやお鍋を贈る方もいますが、 持ち運びが大変なので宅配にするなどの配慮をしておきましょう。 また、「内祝いにお鍋をもらったけど既に持ってるから使わないし、置く場所がなくて困る…」 といった事態にもなりかねません。 たとえ縁起物であっても贈る前にやかんやお鍋を必要としているかを確認しておくと良いでしょう。 また、新築内祝いには部屋に置けるオシャレなインテリアグッズ、 やかんやお鍋などの生活雑貨が多数掲載されているカタログギフトもオススメ。 もらった相手が自由に選べるので「既に持ってるから使わない」 「置き場所に困る」といった事態も防ぐことができます。


お急ぎの方 > 時期や年代問わず、相手が選んで相手が喜ぶギフトはこちら


 

オススメのカタログギフト

セレプレ

  セレプレはさまざまな用途やシチュエーションに合わせてカタログを選べるウェブカタログギフトです。 もらった相手はパソコンやスマホの画面上で商品を選ぶので、紙のカタログが必要ありません。 予算を選んで注文するだけで相手の自宅に認証コードのDM(ダイレクトメール)が贈られるため、 無駄なゴミも出ず非常に簡単です。 掲載商品も2,000点以上でバリエーション豊富、幅広い年代の方々に喜んでもらえる商品を取りそろえています。

三越

三越は日本初の百貨店として知られる老舗デパートです。 誰もが知る有名百貨店が販売するカタログギフトですので、 長年の歴史に加えて「三越なら間違いはない」という何となくの安心感があります。 料亭やレストランこだわりの高級食材が選べるカタログギフトから、 ファッションや生活雑貨、グルメ商品などの バラエティ豊かな商品を掲載したカタログギフトまで取りそろえています。

シャディ

シャディは1970年代に国内で初めてカタログギフトを販売した草分け的存在で、 こちらもカタログギフトの老舗ならではの信頼と実績が魅力です。 贈った相手が掲載商品を注文していない場合、 はがき若しくは電話で注文状況をお知らせしてくれるサービスが売りで、 予算に合わせたさまざまなコースが用意されています。

まとめ

いかがでしたか?あなたの最も身近な存在であるご両親だからこそ、 お祝いをもらった機会に日頃のお礼と感謝をお返ししたいですよね。 これを参考に素敵な内祝いをご両親に贈ってください。

お急ぎの方 > 時期や年代問わず、相手が選んで相手が喜ぶギフトはこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事