内祝いに大活躍!贈る相手にも必ず喜んでもらえるカタログギフトの選び方(オススメ3選あり)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


結婚式や出産などの内祝いに、カタログギフトをもらった経験はありませんか?
カタログを眺めながら「どれを注文しようかな?」と考える時間は楽しいですよね。
カタログギフトは内祝いの品としても非常に人気があり、もはや定番の一品に数えられるほどです。

今回はなぜカタログギフトが人気なのかを探るとともに、喜ばれるカタログギフトの選び方をご紹介しましょう。

今のトレンド > 最適な贈り物ランキングはこちら


目次

トレンド > センス重視の贈り物はこちら(お急ぎの方にも好評です)




1.カタログギフトが人気である3つの理由




【理由1】贈られた人が好きな商品を選べる


カタログギフトの最大の魅力は、もらった側が欲しい商品を自由に選べる点にあります。
贈り手が悩みに悩んで選んだ品物でも「家に同じものがあるから必要ない」
「使わない」「自分の好みに合わない」という結果はどうしても避けられません。
しかし、カタログギフトなら受け取った側が好きな商品を選べるので、決してそのような事態には至りません。

また、相手に贈る品目を選ぶ時間と労力をカットしてくれるため、
もらう側だけでなく贈る側にもメリットがあるといえます。

【理由2】マイペースに自宅でゆっくり商品を選べる楽しさ


結婚式当日などは出席するゲストも何かと忙しいものです。
帰宅したら疲れがどっと出て、「引き出物をゆっくり広げる余裕がない」なんてことありますよね。
その点、カタログギフトであれば、式が終わった数日後に自宅でゆっくりと商品を選ぶことができます。

ご家族がいる方であれば、家族それぞれの欲しい物を挙げて相談しながら決めるのも楽しいですね。

あれこれ選んでいるだけでワクワクしてしまいますよ。

【理由3】ラインナップが豊富


カタログギフトといっても、その種類は多種多様です。
有名百貨店が企画する「百貨店型」や、特定のブランドや商品などに特化した「コンセプト型」、
結婚式の引出物に適したものを集めた「ブライダル型」などがその代表です。
用途や贈る相手に合わせて使い分けられるためどんなシーンでも柔軟に対応できますよ。

トレンド > 最適な贈り物ランキングはこちら




2.カタログギフトの選び方


用途・シーンで選ぶ




カタログギフトはどんな用途にも対応できるので、お祝い事だけでなく、
父の日、母の日、お中元やお歳暮などでも活躍しています。
まずは、どのような用途で使うのかによってカタログギフトを選んでみましょう。

結婚、出産内祝い

引き出物や結婚内祝いに選ばれる「ブライダル専用」は掲載商品が豊富で、
年齢、性別、趣味を問わず、誰もが「これ欲しい!」と思える商品を集めた構成が特徴です。

また、出産祝いを頂いた際に贈る「出産内祝い専用」は掲載商品の豊富さに加え、
お子様の写真や命名した名前、お礼のメッセージを添えることもできます。

お中元・お歳暮、記念日

お中元やお歳暮には大丸や伊勢丹、高島屋などの百貨店が企画・販売している「百貨店型」がオススメです。
有名百貨店の厳しい審査をクリアした品質なので、安心して商品を選ぶことができます。

また、父の日や母の日などの記念日には「グルメ特化型」はいかがでしょうか?
お米や調味料、鮮魚、お肉、デザートなどの食品類に特化したカタログギフトで
「普段の食卓には並ばない高級食品」が厳選されています。
特別な日を豪華な食卓で祝ってみませんか?きっと一生の思い出になりますよ。

おすすめ > 一番人気の卒業祝いをチェック


贈る相手で選ぶ




男性の方に化粧品やジュエリーが掲載されているカタログを贈っても困ってしまいますよね。
年齢や性別、趣味嗜好、世帯構成といった相手のライフスタイルを考慮してカタログギフトを選ぶことも重要です。
ここでは贈る相手によって選ぶカタログギフトをご紹介します。

男性 or 女性に

結婚式の引き出物などで、男性にも女性にも受けがいいカタログギフトを選ぶとなると、選択の幅が狭くなります。
「無難な商品ばかりで面白くない」と感じている方は、性別で贈り分けをしましょう。
男性にはビジネス用品やシェーバーなどの生活用品が掲載された「男性専用」、
女性には化粧品やジュエリー、小物類などが掲載された「女性用」を贈れば、相手の満足度が高まりますよ。

ご両親に

ご両親の還暦や金婚式、定年退職などの記念に贈る際は、
5万円から10万円が相場の「プレミアム型」がオススメです。
家族でお金を出し合って、今までの感謝を込めて贈りましょう。
高級旅館の温泉旅行や、有名ホテルのディナー付き宿泊券など、
日常では味わえない「体験型」商品が豊富に掲載されています。

送料の有無で選ぶ

「カタログで欲しい商品を見つけて注文したのに送料がかかり、思わぬ出費にガッカリした」
といった経験はありませんか?
せっかく良い商品を見つけたのに、送料が自己負担だと商品が届くワクワク感も半減してしまいますよね。
贈った相手にこんな思いをさせないように、カタログギフトは送料無料のものを選びましょう。

3.おススメのカタログギフト3選




リンベル


カタログギフト業界で国内トップクラスの業績を誇るのがリンベルです。
用途や相手の好みに合わせたカタログギフトは30種類以上取り扱っています。
リンベルが販売するカタログギフトの「マゼラン&アイリス」は掲載されている商品が1,800以上。
幅広い価格帯や用途に対応し、雑貨カタログとグルメカタログの2冊セットとなっていることが特徴です。


dancyu(ダンチュウ)


1990年創刊の有名グルメ雑誌「dancyu(ダンチュウ)」がセレクトした商品を掲載している
グルメ専門カタログギフトです。
過去に雑誌「dancyu」で紹介したものの中から、特に人気の高かった品を厳選して掲載しています。
商品数は少ないものの、掲載商品それぞれのクオリティが高いので、
食にうるさい美食家の方でもうならせること必至です!

また、こちらのカタログギフトはグルメ雑誌のようにレイアウトされていて、
商品一つ一つに丁寧な解説がありますので、読み物としても十分楽しめますよ。


セレプレ


セレプレは豊富な種類の中から、用途や贈る相手にふさわしいカタログを簡単に選ぶことができる
送料無料のウェブカタログギフトです。
ウェブカタログギフトとは、インターネット上で選んでもらうタイプのカタログギフトです。
パソコンやスマートフォンから商品を選べるため、紙の冊子を送る必要がありません。

贈る側は用途と予算に合わせた価格プランを選んで注文するだけ。
注文後はセレプレが認証コードを発行し、相手の自宅へ届けてくれます。
届いたらすぐに、セレプレのウェブサイトから好きな商品を選ぶことができます。

また、認証コードとともにオリジナルのメッセージカードを添える こともできます。
お礼や感謝の言葉一つで贈り物の印象はガラリと変りますよね。
「カタログギフトは便利だけど、手抜きと言われないか心配・・・」と思っている方は、
オリジナルメッセージであなたの気持ちを伝えましょう。


4.まとめ


いかがでしたか?今回はカタログギフトの人気の理由と喜ばれる選び方をご紹介しました。

初めてカタログギフトを贈る方は、ラインナップの多さに驚いたのではないでしょうか。
相手の顔を思い浮かべながら、どのカタログギフトにしようか考えるのも楽しい時間になりそうですね。

この記事を参考に、用途やシーン、相手に合わせた最適なカタログギフトを選んでみてください。


おすすめ > 年代問わず喜ばれる贈り物はこちらから(贈る手間なし編)




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事