《シーン別》相手によって贈り分ける内祝いの相場をご紹介します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



皆さんは内祝いの相場についてご存じでしょうか?
出産、結婚、入学内祝いや快気祝いなど色々ありますが、贈る相手によって相場も違います。

内祝いを検討している方や、これから内祝いを贈ろうとしている方は、
まず相場を知っておかなくてはなりません。
相手に失礼とならないように、バランスの良い相場の考え方をご紹介します。


目次





内祝いで気をつけるべきポイントと相場を
     《お祝いシーン・贈る相手別》にご紹介


出産、結婚、入学などの内祝い、快気祝いの相場は3分の1から半額程度だと言われています。
いただいた金額が10,000~30,000円の場合、お返しは3,000~10,000円程度を目安に品物を選びましょう。

相場から外れた安価なお返しでは相手をがっかりさせますし、
逆にあまりに高額なお返しをすると相手を萎縮させてしまいますので、どちらも注意が必要です。


出産内祝い





                                       
出産祝い相場内祝い相場
親戚から 10,000〜50,000円5,000〜25,000円
友人から 5,000〜10,000円3,000〜5,000円
同僚から 3,000〜5,000円1,000〜3,000円


出産内祝いは、赤ちゃんが生まれて1ヶ月頃のお宮参りに行くタイミングを目安に贈ります。
遅くても生後2ヶ月までには贈りましょう。

また、出産後は子育てや様々な行事で忙しくなる事が予想されますので、
内祝いの準備は出産前にしておくと良いでしょう。


親族へ
祖父母には10,000~30,000円、兄弟姉妹には3,000~15,000円、
いとこに対しては1,000~3,000円程度が相場です。

ただし、「〇〇ちゃん、身内なんだからお返しはいらないからね」と
相手がお返しを求められないケースもあります。
そのような場合はお礼と感謝の気持ちをしっかり伝え、素直に受け取りましょう。

それでも内祝いを贈りたいと考えるのであれば、
相手を食事に誘うといった別の形でのお返しを考えると良いでしょう。


友人へ
友人に対する出産祝内祝いは3,000~5,000円程度が一般的です。
複数の友人から連名で出産祝いをいただいた場合は、
内祝いの金額を友人の人数で割った金額を目安としましょう。


同僚へ
同僚への内祝いの相場は1,000~3,000円程度が一般的です。
職場の同僚の場合、前述の友人と同様に複数人から合算で贈られるケースもあります。
その場合は友人同様の方法で相場を割り出しましょう。


結婚内祝い





                                                       
結婚祝い相場内祝い相場
親戚から 10,000〜30,000円5,000〜15,000円
友人から 5,000〜10,000円3,000〜5,000円
上司から 10,000〜30,000円5,000〜15,000円
同僚から 3,000〜5,000円1,000〜3,000円


結婚内祝いは結婚祝いをいただいた場合や、
結婚式に招待したけど出席できなかった方から結婚祝いをいただいた場合のお返しを指します。

結婚式・披露宴をしなかった場合でも、
結婚祝いをいただいたら結婚内祝いを贈るのがマナーですので忘れずに贈りましょう。


兄弟姉妹へ
兄弟姉妹への内祝いは10,000円程度を目安としましょう。
ただし、兄弟姉妹に関する結婚は「お互いさま」という考えから、
結婚式のご祝儀と引き出物のやり取りのみで内祝いは贈らない事が多いです。

また、兄弟姉妹が未婚で家族と同居している場合は、
兄弟世帯が属する世帯単位で内祝いを贈るため、兄弟姉妹には内祝いを贈らないのが一般的です。
迷った場合はご両親に相談しましょう。


叔父・叔母へ(伯父・伯母へ)
叔父・叔母への内祝いは10,000円程度が一般的です。
ただし、「身内に対する内祝いは不要」という考えの方もいらっしゃいます。
その時は叔父・叔母の兄弟にあたるご両親の意見を聞きましょう。


親戚へ
普段からの付き合いの深さによりますが、親戚に対する内祝いは5,000~15,000円程度が一般的です。

また、内祝いは「下の者には厚く、上の者には控えめに」が基本です。
たとえ身内である親戚でも、目上の方に対してあまりに高額な内祝いを贈るのは失礼にあたりますので注意しましょう。


上司へ
上司への内祝いは5,000~15,000円程度が一般的です。
前述の通り、目上の方に対しての内祝いは高額になりすぎないようにしましょう。

また、目上の方に対して現金と同じ部類となる金券をお返しすると
「突き返し」という失礼な行為にあたりますので注意しましょう。


友人・同僚へ
友人・同僚からに対する内祝いは1,000~5,000円程度としましょう。
また、複数人でまとめてお祝いをいただいた場合は、人数で割った金額を返しましょう。


入学・入園内祝い





                                                       
入学祝い相場内祝い相場
就学前 3,000~5,000円1,500~3,000円
小学校 5,000~10,000円3,000~5,000円
中学校 5,000~30,000円3,000~15,000円
高校、大学 10,000~50,000円5,000~25,000円


入学・入学祝いの場合、お祝いを贈る方は親戚などの身内が多いため「お返しは不要」という暗黙の了解があります。
「将来は自分の子供も入学・進学するのだからお互いさま」と考える方が多いので、
内祝いを贈るかどうかは身内で事前に話し合っておくと良いでしょう。

ただし、いくら「お返しは不要」だとしても、お礼や感謝の気持ちを伝えるのは当然です。
電話や手紙などで、なるべく子供本人からお礼をさせるようにしましょう。


快気祝い





                                       
お見舞い金相場内祝い相場
親戚から 5,000〜10,000円3,000〜5,000円
友人から 3,000〜5,000円1,500〜3,000円
同僚・部下から 3,000〜10,000円1,500〜5,000円


入院中、お見舞いに来てくれた方に「お世話になりました、治りました!」という報告と
感謝を込めて「快気祝い」を贈ります。
お見舞金をいただいた場合は、いただいた金額の3分の1から半額を目安に快気祝いを贈りましょう。





まとめ

一口に内祝いと言っても様々な種類があります。
しかし、どのシーンにおいても相場の基本はいただいた金額の3分の1から半額です。

相場を参考に節度ある内祝いを選びましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事