《新築・引っ越し祝いをいただいたら》知っておきたい内祝いマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


「結婚や転勤で新しい街へ引っ越した」あるいは「念願のマイホームを手に入れた」という時に、

友人や親族、職場の上司から新築・引っ越し祝いをいただいたことはありませんか?


お祝いをいただいたらお礼と感謝の気持ちを込めて内祝いを贈りましょう。

しかし、初めて内祝いを贈るとなると「いつ贈れば良いの?」「相場はどれくらい?」

「何を贈れば良いんだろう?」と悩んでしまいますよね。


そこで今回は、新築・引越し祝いをいただいた時に知っておきたい

内祝いのマナーと相場、内祝いにオススメの品をご紹介します。

目次

トレンド > センス重視の贈り物はこちら(お急ぎの方にも好評です)




新築・引っ越し内祝いとは



かつては「お披露目」への招待が新築・引っ越し内祝いだった

本来の内祝いは、お祝い事があった家が「幸せをおすそ分けする」という意味を込めて、

人を招き、もてなす行為を指していました。


したがって品物を贈るのではなく、祝ってくれた方を新居に招き接待する事が、

本来の新築・引っ越し内祝いだとされています。これを「お披露目」と言います。


実際にお披露目を開催する場合は、昼間の明るい時間帯に行うのが正式なマナーです。

しかし、招待客の中に遠方の方や多忙な方がいらっしゃると、

お披露目の機会を設ける事が難しい場合もありますよね。そんな時は内祝いの品を贈りましょう。



新築・引っ越し内祝いで気をつけるべきポイント



新築・引っ越し内祝いの相場

いただいた品物の半額〜3分の1程度が新築・引っ越し内祝いの基本的な相場です。


ただし、あまりにも高額なお祝いに対しては、相場にこだわらず無理のない範囲で品物を選びましょう。

両親や親族から高額なお祝いや現金をいただくこともありますが、

これは「支援したい」という気持ちが込められているものです。


それに対して高額な内祝いを贈ってしまうと

「自分の気持ちを無視している」と受け取られる可能性があります。

厚意を素直に受け取り、感謝は言葉で伝えましょう。



新築・引っ越し内祝いを贈るタイミング

一般的には転居してから1〜2ヶ月程度です。


お祝いをいただいてからしばらく経つと

「このお祝い、誰からいただいたものだっけ?」という事態にもなります。

そうならないように、お祝いをいただいたら、

すぐに相手のお名前と送り先を控えておくのがベストです。


また、一両日中に、お礼状や電話などで感謝の気持ちを伝えておきましょう。


万が一、内祝いを贈るのが1ヶ月を過ぎそうな場合は、

遅れる事がわかった時点で相手にお詫びの連絡を入れると良いでしょう。



新築・引っ越し内祝いの「熨斗(のし)」



熨斗(のし)の表書きは「新築内祝」または「内祝」とし、水引きの下に贈り主の名前を書きます。


水引は「何度あっても嬉しい」お祝い事に用いられる「蝶結び」、

色は紅白または金銀のものを選びます。水引の本数は一般的なお祝い同様5本です。



新築・引っ越し内祝い品におススメ5選



1.カタログギフト
カタログギフトは贈られた相手が好きな時に好きなものを選べるという自由さが魅力。
「何を贈ったら良いのかわからない…」という贈る側の悩みと、
「これをいただいても使わないし困る…」という受け取る側の悩みを一挙に解決してくれます。
さらに、引っ越し後でバタバタしがちな時期に、贈る側の手間を軽減させてくれるのも嬉しいですよね。


2.やかん
「家を焼かない(焼かん)」という意味合いを込めて、
古くから新築・引っ越し祝いに選ばれることが多い一品です。
ただし、手渡しの場合は重くて相手が持ち運びに困ることもありますので、宅配便で送る事をおすすめします。


3.鍋
「火に強い」ということで、やかん同様に縁起物として選ばれます。
ですが、こちらも持ち運びに困ったり、
使わない場合は保管場所に困るなどのデメリットがあります。
事前に相手が必要としているかどうかを確認する気遣いがあると良いでしょう。


4.グラス
かつての日本では建物(入れる物)が完成したことに起因して、
グラスや食器などの入れ物を贈るのが主流でした。
その名残から、現在でもグラスなどを新築・引っ越し内祝いに贈る方が多くいます。
相手が伝統を重んじる方であれば、とりわけ喜ばれるでしょう。


5.お菓子など
新築・引っ越し祝いに限らず幅広い場面で重宝される贈り物ですね。
おいしいと評判の高級菓子など、普段自分では買わないものをチョイスすると喜ばれます。
保存が効くように賞味期限の長い品物を選びましょう。
また最近では、おしゃれなジャムや調味料を贈る事も多いです。



まとめ

新居を構えたり引っ越しをすると、心機一転!清々しい気持ちになりますよね。

その気持ちが薄れないうちに、いただいたお祝いには心を込めて感謝の品を贈りたいものです。

今回ご紹介した基本的な知識やマナーを押さえた上で、相手に喜んでもらえるような内祝いを贈ってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事